格安航空券と言ってもいろんな種類がある

巷で大人気になっている格安航空券です。飛行機を安い値段で利用することができるのは大きなメリットです。早くそして安全に利用することができます。飛行機は空を飛んでいるのに、安全というのは事故率が低いがゆえに言えることです。そんな安全な旅をしかも安く利用することができるのがこのサービスのメリットになります。
いろんな種類がある
そもそもこのサービスには大きく分けて二つの種類があります。ひとつは大手航空会社が提供している事前に定められた予約期間で予約することで発動するシステムのことを指している点です。もうひとつが格安の値段で旅を提供してくれるLCC会社のことを指している点になります。それぞれによってメリット、そしてデメリットが異なってきます。
事前の予約システムで安くなる場合
予約することで安く大手航空会社を利用できる場合は、そのままのサービスを受けることができますので、大きなデメリットは存在しないことになるでしょう。しかし基本的に10日前からの予約となることが多いですので、旅を企画している人や事前に出張することがわかっている人でしか利用できない点というのが唯一といっていいほどのデメリットになります。もしキャンセルをした場合は、その分高くなる傾向がありますので注意が必要です。
LCCを利用する場合
格安航空チケットを提供してくれるLCCであった場合は、デメリットを考慮する必要があります。まず座席が狭いといった点です。普通の航空機に比べて明らかに窮屈です。輸送機としての役割を担っているというのがよくわかります。そして受けることができるサービスがほぼ皆無といっていいほどないです。欲しいものはお金を払うことで利用することができます。しかし国内便である場合は、それらのデメリットは感じないでしょう。長時間の旅にはなりませんので、それらのデメリットを受けることは少ないはずです。
大きく分けて二つの安く手にできるサービスです。それらのメリットを生かした方法で受けることが大切です。

関連記事: