メリットとデメリット

安い値段で格安の航空券を手に入れることができる格安航空券は非常に人気です。しかしうまい話には何か裏がある。すべてがいいことばかりではないと疑う心理は当然の消費者心理です。そしてこれらの格安航空券にも裏があります。メリットだけではなく、デメリットも存在することになります。
まずメリット
とにかく安く利用できるというのは、これ以上ないメリットになります。目的地に飛行機で安くいけるというのは大きいです。交通費で浮いた分を、たとえば旅で利用する場合は現地で楽しむことにつかえます。また出張した時に利用した場合は、現地のおいしいものを食べるといったことに使えます。お金が浮くことでできることも幅広くなります。
そしてデメリット
もしキャンセルをしたいといった場合、キャンセル料が高くなる傾向があります。格安のチケットを提供するLCCであった場合はそこまでないのですが、大手航空会社の事前予約で得たチケットの場合、驚くほどのキャンセル料を取られることもあります。その点を考慮して計画をしっかり立ててサービスを受けることが大切になります。
意外な憂慮すべきデメリット
マイレージをためている人も多いでしょう。そして指定された航空会社のクレジットカードを所有しお得に貯めるという方法で交通費を浮かそうとしている人もいるはずです。格安のサービスを受ける場合、マイレージの積算率が低くなることがあります。航空会社によって変わってきますので、そのことを頭に入れて事前に調べておくと良いでしょう。あとになって思ったよりも貯まらなかったということを避けるためにも必要な準備だと感じます。
大きなメリットとデメリットになりますが、利用する人によって当然それらの価値観が変わってくることになります。また国内線の利用である場合は、起きるデメリットの影響を感じさせなくなることも多いのが、これらのサービスの特徴でもあります。大きなメリットである安いを感じることが最も大切です。

関連記事:

    None Found