利用者の視点で

安いからこそできることがあって、それに伴うデメリットに目をつむることができなければなかなか良い選択というのはできないものです。格安航空券を手に入れたいのであれば、なんらかのデメリットを受け入れることも必要になります。
選ぶ権利を与えられた
ある期間で予約することで格安航空券を手に入れることができるサービスを大手航空会社が提供しています。大手航空会社ならではのサービスを受けることができ、しかもそれは安く手に入るというのは大きなメリットです。しかしその裏には事前に計画をしっかりと立てなければ、キャンセル料という高い代償を支払うことにもなりかねません。またLCCが提供する安いチケットを手に入れるという選択肢もあります。そのような場合大手航空会社を利用してきた人には、物足りないサービスで快適性を奪われると感じることになるかもしれません。しかし安全に、安く目的地まで航空機で輸送してもらう権利を与えられています。どちらにも大きなメリットが存在し、そして価値観によって大きなデメリットにもなる要因が存在しています。それらをすべて受け入れて選ぶという権利が私たちに与えられているということになります。
その権利をどう使うか?
その権利の使い方によってメリットデメリットが当然のように変わることになります。ある人によってはデメリットだらけ、そしてある人にはメリットしか感じないということにもなります。よって選ぶ人によってそれぞれ変わってくるものです。また経験することでその考えも変わることになるでしょう。デメリットしかないと考えていたLCCを利用してみて感じることもあるでしょう。経験して価値観というものも変わるはずです。一度経験してみて実感し感じてみるのも良い手段です。
選ぶという権利を与えられているという日本のサービスはとてもよいことです。消費者心理によって、また会社側も考え方を改める必要を迫ることができ、またより良いサービスを受けることに繋がります。

関連記事: